人気ブログランキング |
NEW POST

帰宅

昨日夕刻、帰宅しました。
今回は2日に行き、7日に帰宅したので5泊6日。
もちろん猫のタラも一緒なので、東京の家には何の気がかりもなく、
猫と一緒にただダラダラと過ごす休日を楽しめた。
帰宅_e0366006_11571415.jpg
もちろんお呼ばれもあったけど、
あちこちの大型スーパーへの買い出しがとても楽しかった。
何しろ東京の自宅近くのスーパーは、悲しいほど品揃えが薄い。
あれもこれもと東京用に買い込み、帰りの方が大荷物だ。
帰宅_e0366006_11523471.jpg
八ヶ岳にはまだ雪が残り、気温も低かったけど、
薪ストーブが夜にはまだまだ活躍。
次回は薪を補充しなくちゃ。

東京の家に着いてまず嬉しかったこと。
帰宅_e0366006_12081552.jpg
帰宅_e0366006_12113168.jpg
アイスバーグという白いツル薔薇が咲いていたこと。
ベランダの工事後に植えたものなので、
なかなか大きくならなかったけど、
ちゃんと咲いてくれました。
そのほか地植えの2種類の薔薇も大きな蕾を付けている♬

東京も新緑が目に染みる季節になっていた!
(雨上がりのようで、余計清々しく見えたかも?)
帰宅_e0366006_12161620.jpg
(リンゴは一部傷んで見えるけど、こういう色なの💦)

山の家でのんびり過ごして、やっとリフレッシュ完了!
今日はお洗濯をして、通常生活開始だわ。

明日はランチのお誘いがある💕 うふふ。
















毎年この時期に、母と一緒に山の家に行っていた。
水道管が破裂していないか、
鼠の巣になっていないか(以前ヤマネが巣を作ったことがあった)、
諸々のチェックをするのが我が家の別荘開き。
今年は母から山の家の「や」の字も出ず、
夫と猫とで別荘開き。
帰宅_e0366006_14095616.jpg
両親はどちらも東京生まれなので、私たち姉弟には田舎がない。
「田舎が欲しかったのよ」
と母は言い、小学校の林間学校で行っていた八ヶ岳近くに
40年程前に土地を買い、自分たちの好みの家を建てた。
間取りも駐車場も、
いずれ3家族が集えるようにと考え、
思い入れが強い家になった。

しかし私や弟にとっては、
親の趣味が満載の別荘というわけで、
友人たちと行っても親の家にお邪魔している感が強く、
楽しめないこともあった。
結婚してからは別荘に行くより、
夫の田舎の実家に行くほうが楽しかった。

両親は二人で行ったり、母の友人たちと行ったり、
あるいは母と友人たちだけで電車で出かけて行ったりしていた。
やがて私が両親を年に数回、車に乗せて連れて行くようになった。
行けば食事の支度など、私主導にもなってきた。

やがて私は「自分の山の家」を持ちたいと思うようになった。
薪ストーブを設置したり、室内を使いやすく改造したい。
それを母に言うと、母も賛成してくれ援護射撃。
「グレも歳だから、そろそろ好きにさせてやらないと
ここで楽しめる時間がないわよ」

父もそれを納得してくれ、
晴れて費用は私持ちでリフォームを決行。
数年後、父は亡くなったが、
母と二人で行く山の家はさらに楽しい場所になった。
母の友人たちをお連れするだけでなく、
別荘仲間との親しい交流も出来、
母にとっても以前に増して愉しい場になったと思う。

今年、母を連れずに山の家開きに行った。
ついでに「令和」記念に、
「昭和」の頃の食器等を少し処分した。
山の家も両親の時代から、私の時代へ少しシフトアップ。

いろいろ準備は必要だけど、
夏に母を連れて「山の家」に行けると良いな。
母がとても愛している山の家だもの、
やはり連れていってあげたい。

少し落ち着いてきたようにも思える母の様子に、
新たな目標が見えてきた。























Commented by higurete at 2019-05-08 14:34
こんにちは。
しみじみ拝読しました。
親子二代にわたる「山の家」
居心地がよさそうな山の家に時代と共に変わっていったのですね。
薪ストーブのぬくもりが伝わってくるような極上のひととき。お母様をお連れする夏の日も、もうすぐ。
新たな目標に向かってゴー!
Commented by gallery-asaba at 2019-05-08 16:04
お母様、きっとお喜びになられる事でしょうね。
実行出来るといいですね。
タラちゃんも、のんびりと嬉しそうです。
Commented by Grace-K52 at 2019-05-08 19:42
> higureteさん
コメントありがとうございます。
そんな大層なものではないのですよ💦
丁度今回、令和になったから、昭和の食器=母の物を捨てちゃえっとなったので、
その罪滅ぼしに書き留めておいたのです。
でも実際、私はいつまで行けるかしら? と思ったりしています。
母の年(90歳)はきっと無理だわ~。笑
Commented by Grace-K52 at 2019-05-08 19:52
> gallery-asabaさん
コメントありがとうございます。
実のところ山の家に連れていくのは無理な気もします。
何しろ山の家はバリアフリーではないので…。
でも目標に向かう母の頑張りに期待します!



Commented by pikorin77jp at 2019-05-08 22:32
小春さんの過去のブログから 私の記憶ではお二人とも出版社?文章を書かれるお仕事をされていたとか。もし私の記憶違いでしたら お許しくださいね。さすが 文章 サラッと でも 惹きつけるものがあるな~と 短編小説を読んでるような心地よさがあり 親子二代の別荘って素敵だなと思いました。
Commented by Grace-K52 at 2019-05-09 00:40
> pikorin77jpさん
コメントありがとうございます。
はい、出版社で単行本の編集者をしておりました。
でも、書くのは苦手でして‥‥過分にお褒めいただき恐縮です。(嬉しい💕)
それに、写真も苦手で……ピコさんのお写真、素敵だなあと見とれております。
文章も写真も発展途上?ですが、これからもお立ち寄りくださいね。



Commented by tomo-1207 at 2019-05-09 15:34
私も上手な文章に引き込まれて、しみじみと
読みました。お母様といらっしゃれると良いですね!
アイスバーグ、うちにもあります(^_-)-☆。
素敵な白薔薇ですよね!!
Commented at 2019-05-10 07:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Grace-K52 at 2019-05-10 09:50
> tomo-1207さん
コメントありがとうございます。
書くのは苦手なんですよー💦
アイスバーグは香りも良く、気に入っています。
ピエール・ド・ロンサールはやっと咲き出しました。
これらは地植え。
2Fベランダのキャンドスビューティー、ブルーファンタジーは
今年花芽をつけませんでした。
環境のせいでしょうか? それともやはり私は「花枯らし」?

Commented by Grace-K52 at 2019-05-10 09:53
> 鍵コメ07:56さん
ごめんなさい。おバカな事情でお返事できないでおりますが、
すべて了解でございます。
お手数をおかけしすみません。
by Grace-K52 | 2019-05-08 14:11 | さりげない日々 | Comments(10)

いつ、どこで、何をしたかの私的覚書


by Grace
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30